ETCカードの申し込み方法をお得にするには?

いざという時、財布に1枚あると便利なのがキャッシュレスでも買い物できるものです。

支払だけでなくキャッシング機能がついているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

作成法は色々ですが、簡単な作成法はインターネットを介して申し込みをする方法です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。 ネット以外の即日の申し込み方法になりますと申し込み会社からの書類に必要事項を記入し再度郵送するという方法があります。

ETCカードを使えば、高速道路料金が割引されるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのでとてもお得です。

ところで、ETCカードを選択する時の着眼点としては、年会費が無料のカードが支持を集めています。

また、入会するといくらかのポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。 申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込むことが可能です。

ランチやディナーなどの食事でクレジットカードを使うと手早く精算をすませることができるので、非常にスムーズです。

会社は手数料による収入で運営されているのですが利用者だけでなく店舗からも徴収されていることは一般ユーザーは知らないと思います。

クレジットカードを作る時に同時にETCカードも即日申し込んでおけば、高速を利用する時でもポイントを貯まっていくのでその分もお得です。

また、ETCカードを作る時には、クレジットカードの特典もよく比較して、自分が最も使いやすくてポイントを貯めることが可能なカードを選ぶようにしましょう。

カードによってポイント還元を重視しているカードもあれば、貯まったポイントがいろいろな商品券や電子マネー、アイテムに交換できるカードもありいろいろ存在します。

加盟店が支払う割合は営業内容によって異なり一般の小売店や専門店などは3%から5%に設定されています。 決済回数は3回以上から利用者にも支払う料金が発生しますので毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。

3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なので店側が加盟料の支払を求めてきても応じてはいけません。

クレジットカードはポイントが貯まるだけではなくそれ以外にも数多くの特典を受けることができます。

アイワイカードなど流通系のものは定期的に系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスを開催しています。

国際ブランドのAmericanExpress、DinersClubなどは、国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。

会員向けの特典として発行元が運営するレクリエーションサービスは国内外の各種ツアーや介護付きツアーを割引料金で利用することがあります。 一方で、美容や健康面でも充実しているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。

ETCカードの即日の申し込み方法とは?


この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント付与が2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレカでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に問い合わせをしなければ照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、早めにクレカを作るメリットとしてポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETC利用でも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。