転職前・転職後のどちらが住宅ローン審査にお得?

住宅ローンを組みたい人の中には「転職前と転職後のどちらが有利?」と考える人も少なからずいる事でしょう。
まず結論から言うと「転職前の方が審査に通りやすい」傾向にあります。
というのも、住宅ローンの審査落ちた理由として「勤務年数が短すぎる」という事が挙げられる場合があるのです。
銀行や消費者金融はローンを組む際、その人の「年収の継続性」をポイントに見ます。
つまり1年の年収よりも、長年に渡ってのトータルでの年収を重きにおいて見るわけです。
そのため転職前の方が「仕事が変わった」というマイナス要素を審査の段階で見られずに済むわけです。
しかし場合によっては転職後の方が有利になる事も当然あるので、転職前・転職後の勤務年数の長さでその辺は判断してみるのが一番です。
住宅ローン審査厳しい?審査基準徹底研究!【審査通るコツは?】