形見分けなど、着物の処分どうしたらいいのか?

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。
一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。
基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるので簡単に割り切れない問題です。
金額が多く気になる場合、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。
お着物買取業者に問い合わせてみると、お着物だけを買い取るのではなく、和装小物も売るように勧められると思います。
従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると幅広い品を買い取れるので査定された金額を高目におまけしてくれるという宣伝をしているところもあります。
和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを着物を送る際、一緒にして無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品の処分と、買取が同時にできます。
量がたいしたことなければ、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。
自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、断って別の店を探すこともできます。
対面で疑問点の解消もできますし、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。
また、量が多いのなら、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、信頼できそうな業者さんに家に来てもらえば良いのです。

着物買取ならヤマトク?安心の査定表でお得!【無料で買取】